犬の口臭の原因はほとんどが口腔内のトラブル?歯周病には要注意

犬の口臭の原因のほとんどが口腔内に何らかのトラブルを持っているためと言われています。歯周病や虫歯などのトラブルにって口臭は引き起こります。特に歯周病になりやすいので注意が必要です。

 

 

犬は虫歯が出来ない、と思っている方は割と多いかもしれませんが、そんなことはありません。確かに犬の口の中は弱アルカリ性のため、虫歯菌が増殖しにくい環境です。しかし中には虫歯になってしまう犬もいるので、ならない訳ではありませんので注意が必要です。

 

 

参考:【犬用サプリ・ペット用サプリ人気ランキング】犬の長生き・健康・口臭対策
http://www.wan-wan.net/

 

歯周病の症状と原因

歯周病とは口内で細菌が繁殖して引き起こる炎症性の疾患のことです。歯茎が腫れる、歯茎から出血する、歯がグラグラするなどの症状が見られます。悪化すると最悪歯が抜けてしまうので早めに対処しなければなりません。

 

 

食事をした時の食べかすに細菌が付着して歯垢となり、石灰化すると歯石になります。犬の口内はアルカリ度が強いために歯石になりやすいです(2、3日程度で歯石になってしまいます)。その歯石が炎症を引き起こし、独特の腐敗臭を発生させます。

 

 

歯周病は他の疾患も引き起こす

歯周病が悪化してしまうと食事が摂れなくなってしまったり、上顎の場合は目の下の骨が溶けてしまうことで失明になることもあります。また、炎症を起こした歯肉から菌が体内に入り込み、臓器(心臓、腎臓、肝臓、肺など)の疾患を引き起こすこともあります。

 

 

歯周病を侮らずに、食事を改善したり、歯石をこまめに取るなどして、普段の生活から予防していきましょう。特に歯の小さい小型犬は歯石がたまりやすいので注意が必要です。また老犬も歯周病になりやすいです。

 

 

犬の口臭は病気のサインかも!?糖尿病、腎臓病など…

犬の口臭が歯石や歯周病などの口のトラブルが原因ではない場合、何らかの内臓疾患である可能性が考えられます。人間でも体調が悪かったり身体のどこかが悪い時は息が臭くなってしまうように、犬も臭くなってしまいます。

 

 

考えられる原因としては便秘や下痢など消化不良を起こしている、胃や腸の状態が悪い、腎臓や肝臓の病気、尿路感染症、糖尿病などがあります。ガンなどの場合もあり危険なので早めに検査するようにしましょう。

 

 

犬の糖尿病について

糖尿病にはT型とU型があり、犬の場合は殆どがインスリン不足によって起こるT型(インスリン依存型)です。過食や加齢、犬種、先天的な膵臓の機能不全によってインスリンが生成されないなどの原因によっておこります。

 

 

よく水を飲んでおしっこの量が多い、下痢や嘔吐をする、体重が減るなどの症状が見られます。息は甘酸っぱい独特のにおいがします。症状が進んでしまうと白内障を引き起こします。食事療法やインスリンの投与を生涯続けていくことになります。出来る限り予防するために、適度な食事と運動を心がけましょう。

 

 

犬の腎臓病について

腎臓病とは腎臓の状態が悪くなってしまう病気のことで、ネフロンがどんどん傷ついてくことで悪化していきます。腎臓の機能の75%以上を失うと腎不全に、更に進行すると尿毒症に陥ります。腎臓は一度悪くなると元には戻りません。

 

 

特に犬の場合は症状が現れにくく、毒素がどんどん溜まり、気づいた時には尿毒症になってしまったということもありますから注意が必要です。水を沢山飲む、食欲不振、痩せてきた、おしっこの臭いが減ったが口臭がキツくなった(アンモニア臭)、歯茎が白いなどの症状が出たらすぐに病院に相談に行きましょう。

 

 

犬の肝臓病について

肝臓は再生能力の高い臓器で、多少悪くなっても健康な部分で補うことが出来ます。そのためある程度まで悪化したところでやっと症状が現れます。そのため沈黙の臓器と言われています。肝臓が機能しなくなると栄養を身体に取り込むことや毒素を解毒することができなくなり、様々な病気を引き起こします。

 

 

肝細胞の80%以上が死滅してしまうと肝不全になります。大量の水を飲む、食欲がなくなる、体重が落ちる、元気がなくなる、白目や歯グキが黄色になる、口からアンモニア臭がするなどの症状が現れたらすぐに病院へ。それでもかなり進行していますから日頃から健康診断をするのが大切です。